忘れ去られていなかった!同窓会のお誘い


地元を離れてもう二十年以上たつので、中学や高校の同級生は、きっと私のことなどみんな忘れてしまっているんだろうな、と思っていました。
実際、地元を離れて以降、中学・高校の同窓会のお誘いは一切ありませんでした。
だからといって、同窓会をしていないわけではなく、インターネット上では、同窓生が楽しそうに集まっている写真を見ることもありました。
しかし、だからといって、私はここにいる!と、そのサイトにアクセスをしようという気持ちにもなりませんでした。

ところが、とあることをきっかけに高校の同窓生の一人と二十年ぶりに電話で話をする機会がありました。
そこからどうやって私の住所がわかったのかわかりませんが、同窓会のご案内をいただくことになりました。
私のことなど忘れ去られていたと思っていたので、その案内をいただいたときには、大変うれしく思いました。
ただ、残念ながら、仕事の都合と、かなり遠方であるために参加できませんが・・・。